スポンサーリンク

みなさんこんにちは、かーりーです。
 
近年2度目の転職を果たし、最近やっと生活が落ち着いて来ました。
今のところ人間関係も良好に過ごせています。(ここ超大事)
 
 
さて、今回はそんな会社でよく求められる「コミュニケーション力」についてです。
よく採用の募集要項の中にも
 
求めるスキル
・コミュニケーション力

なんて書かれているのをよく見かけますよね。
 
でもコミュニケーションって一体どうやって取ればいいんでしょう? 
私は積極的に人と話すタイプではないので、まずそこからつまづきました。
 
解決法をググってみたりもしましたが、「朝早く来て話す時間を作る」「相手に興味を持つ」など割とざっくりした内容が多め。
人と話すきっかけも分からないのに、どうすればええんや〜!ってなりますよね。
 
結局私は現在「身近にいる人を参考にする」方法で改善策を探り当てています。
今回は私と同じように「コミュニケーションの具体的な取り方」に困っている方に、私なりに見つけたおすすめの方法をご紹介していきます!
 

1.会社に入りたては、話しかけられ待ちでいい。でもしっかり繋げる。

特に中途入社などをされた方は、すでに作られたコミュニティの中に一人放り込まれるので、話しかけるのも一苦労だと思います。
 
だからといって最初から「色んな人に話しかけなきゃ…!」と焦る必要はありません。
新しく入った人には、何かしらお誘いをする。声をかける。これが会社側の一般的な風潮です。
(何も声をかけられなかったら相当ひどいと思います)
 
まずはランチや歓迎会などの話せる機会を待ちましょう。
 
肝心なのは話しかけられた後です。
せっかく話しかけられても暗い表情だったり、「そうですか…」みたいな一声で会話が途切れると「あ、この人 あんまり話さないんだ」とすぐ判断されます。残酷な世界です。()
 
新しい話題を探そう!とは言いません。まずは笑顔で受け答えしましょう。
会話につまったら、聞かれたことと似た内容を相手にも聞いてみるといいです。
 
A「どこ出身なの?」
B「〇〇です」
A「へー…!そうなんだ!」
B「……Aさんはどこ出身ですか?」

 
みたいな感じです。
ついでに相手に興味を持っている風に見せられます()
趣味や特徴が合っていたら、その点で盛り上がればいいですし、なければ他愛もない事を聞き出す感じで。
 
聞き出す内容に困ったらまず自分の情報を出していくといいと思います。
「〇〇県は〇〇が有名なんですよ」「最近〇〇始めたんです」とか。
少しでも会話が繋げられれば、今後話しかけられやすさや話しかけやすさがアップします。

スポンサーリンク

2.話しかけるなら少人数を狙う。他愛のない一言から入ろう。

コミュニケーションをとるためには、自分から話しかけることが一番効果的です。
ですが、大人数のコミュニティにいきなり突っ込むのは難易度が高いです。
私の場合は身内のノリやネタに押し流され、自分から話を発することができませんでした。
 
そのため、まずは1人〜少人数に話しかけるところから始めましょう。
新しく入ってきて、まだ立ち位置がフワッとしている人に話しかけてもいいと思います。
 
少人数の方が集中して会話をすることができ、距離が縮まるスピードが早いです。
「手伝いましょうか?」
「今日は〇〇があるみたいですね」

 
環境によって色んなシチュエーションがあると思いますが、こんな一言でもいいんです。
一日一言話すのと、話さないのでは関係に大きな差が生まれます。

3.身の回りと交流を深めるために、最初の方はイベントに参加した方がいい。

パワハラ上司みたいな見出しになりましたが、多くの人と手っ取り早く「顔見知り」になるには、飲み会などの社内イベントが最適です。
 
これから永遠にイベントに参加する必要はないので、最初の1.2回だけ行ってみることをおすすめします。
まずは仕事で関わる人に認知してもらい、後々話しやすい関係を作っておきましょう。
仕事で話しかける時もかなり気が楽になります。
 
見出し1でご紹介した会話のヒントを参考にすると、好印象を持たれやすくなりますよ。
近くにいる人に「会社でなにを担当されているんですか?」「何か飲みますか?」など声をかけてみましょう。
業務時間外は気が緩みやすくなるので、気さくに話をしてくれやすいです。
 
私は社内イベント滅茶苦茶苦手ですが、最初だけ頑張るようにしてます。
お偉いさんと軽く言葉を交わせたり。趣味の合う仲間が発見できたりします。
なかなか業務中にワイワイ話すことが出来ないからこそ、会社内でのイベントがチャンスになります。

4.相手の変化にはツッコむ

話しかけたい人の身の回りや動きに何か変化があったらツッコんでみましょう。
ツッコミと言っても関西的な鋭さはいりません。
 
デスクの上に新しい物があったら感想を言ってみたり。
デスクトップ画面が気になったら「これなんですかー?」と聞いてみたり。
 
外見となると、内容によっては相手を傷つけたりセクハラになる可能性もあるので、「髪切った?」くらいソフトなツッコミにしておきましょう。
 
相手も自分のことについて聞かれてると「興味を持ってくれているんだ」と嬉しく思ってくれます。
話しかける度に心の距離が縮んでいくでしょう。
(異性は話しかけすぎると勘違いする可能性もあるので、ほどほどに)

勇気を出して数をこなすのが、慣れるコツ!

誰しも苦手なことはありますが、まずは数をこなして慣れていくことが大事です。
突然積極的に話せるようになる人なんてそうそういません。
 
私も現状、話しかける時にめちゃくちゃ噛むし、日本語もおかしいです。
それでも毎日少しずつでも話すように心がけたら、心を開けるようになりました。
 
自分に頑張れ!とエールを送って、一歩踏み出してみましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事