スポンサーリンク

 
こんにちは!かーりーです。
最近イラストに関する記事を見てもらうことが多くなってきたので、
今回もイラスト推しでいこうと思っています(笑)
 
突然ですが、絵を描いてるみなさん。
デジタルで色を塗った時に「なんかくすんでるなあ」と感じたことはありませんか?  
 
もしかしたらそれは、「影の色」の選び方に問題があるかもしれません!
(もちろんわざとくすませてるならそれでいいんですが!)
 
デジタルを始めたばかりだと特に配色の仕方が分からない方もいると思います。
今回はイラストが華やかに仕上がる影の色の選び方をご紹介していきます( ^)o(^ )
 

おしゃれなイラストになる「影の色」の選び方

スポンサーリンク

「明度」だけでなく「色相」を変える

突然「明度」とか「色相」とかってなんやねん!と思う方もいるでしょう。
 
まず、色は「明度」「色相」「彩度」という3つの属性で成り立ちます。
 
簡単に言うと
・明度(めいど)・・・明るさ
・色相(しきそう)・・・色合い
・彩度(さいど)・・・鮮やかさ

のことです。
 
ちょっと文字的に分かりづらい「色相」ですが、単純に青や緑、赤などの色の違いのことです。
影の色を選ぶときは、明るさだけでなく「色合い」も変えてみましょう!ということですね。  
 

デジタルイラストで色を選ぶとき、このような表が出ていると思います。
この中で「明度」「色相」「彩度」を表すと上の図のようになります!

例:肌の影を塗ってみた

では実際に私の絵を使って見てみましょう。
ざっくりですが、肌の影をつけてみました。
 

 

カラーピッカーの表でいうと、上の図のようになりました。
 
やはり影なので、少し明度を下げた色を選びました。
それに加えて「ベース色」と「影の色」の色相に違いがあるのがお分かり頂けましたか!
ベース色が「黄色に近いオレンジ」なのに対し、影の色は「赤に近いオレンジ」になっています。  
 
肌の影色は赤やピンクに寄せると、華やかな仕上がりになっていきます。
慣れてきたら描きたい絵の雰囲気に合わせて、色んな影色を使ってみてもいいでしょう!
 

ちなみにピンク系の色相にするとこんな感じになります。
ピンク系もこなれた感じがしてオシャレですね。
 
もっともっと鮮やかにしたい場合は、影ということを一旦忘れて「彩度」や「明度」を上げてみましょう! 
明るく可愛い雰囲気の絵に仕上がると思います。
 

おさらい
・影の色は「明るさ」だけでなく「色合い」も変えてみる
・肌の影色は赤やピンク系にすると華やかになる
・明るい&可愛い絵にしたい時は影色の「彩度」や「明度」も上げてみる

NG例:くすんで見える色選び

ちなみに私が初期の方にやってしまっていた「くすんで見える」色選びもご紹介します。
 

私の場合は単純に「影の色=暗い」というイメージがあったので、
ベース色から右下くらいにある色を選んでみました。
色相は全く変えていません。
 
絵を見ると分かりますが、ちょっと顔色が悪い感じになりますよね…
 
全体的にくすんだ雰囲気の絵にしたい場合はいいですが、
影色だけくすんでいると不格好に見えてしまいます。

個人的におすすめな色相の変え方

上の項目で「色相も変える」というお話をしましたが、どの色相に変えればいいか分からない!という方もいると思います。
個人的におすすめな色相の変え方についてご紹介します!

基本は近い色相を選ぶ

基本的には「ベースの色に近い色相」を選びましょう。 
赤だったらピンクやオレンジ…
青だったら紫や水色など。
 
最低限「暖色」「寒色」というグループに統一されていれば、失敗は少なくなります。
ベースの色相の両隣くらいの色相を選ぶのが無難でしょう!  

理想に近い絵から参考にするのも大切!

時には常識に縛られないような色の使い方をしている人もいます。
「自分の理想に近い絵」からどんな色の使い方をしているのか観察をして、参考にすることも大切です。
 
今回は基本的な影の色の選び方をご紹介しましたが、この概念だけに縛られず色んな色選びにチャレンジしてみましょう!
あなただけが見つけられる素敵な配色がたくさんありますよ。
 
 

 
 
↓他にもイラストについての記事を書いているので、ぜひ読んでみてください(*'▽')

スポンサーリンク
おすすめの記事