【穴、ブツブツ…】集合体を見ると気持ち悪くなる…「集合体恐怖症」を和らげる方法は!?
スポンサーリンク

 
こんにちは、かーりーです。
 
みなさん突然ですが…「集合体恐怖症」って知っていますか?
 
その名の通り、物がたくさん集まっているのを見ると、嫌悪感を覚える症状です。 
英語では「トライポフォビア」と呼ばれているそうです。
 

トライポフォビア(英: trypophobia, 英: repetitive pattern phobia)は[1]、小さな穴や斑点などの集合体に対する恐怖症のことで、ギリシャ語のtrypo(punching, drilling or boring holes)+ギリシャ語のphobia(恐怖症)を掛け合わせた造語として、2005年に命名された用語[2][3]。

日本語では、集合体恐怖症と通称されることもある。

 
集合体を見た時に、「吐き気」「寒気」「嫌悪」「気持ち悪さ」を感じる方は、この症状に該当しています。
最近私も、同じように気持ち悪さを感じることに気づきました…。

集合体ってどんなもの?

「集合体恐怖症」の方が特に嫌悪感を覚える集合体とはどんなものなんでしょうか。
 
例えばですが、
・穴の集合
・斑点の集合
・小さな物(虫など)の集合

などなど。
 
有名なのは「蓮の実」の画像ですね。
上手く表現できませんが、実が詰まった穴がたくさん集まっています。
 
全くおすすめはしませんが、気になる人は覗いてみてはいかがでしょうか…。
(すでに集合体恐怖症の方もいるかもしれないのでここには乗せません)
(私がキツイだけ)
 
悪ふざけで「蓮の実」を人の肌などに貼り付けた加工画像の「蓮コラ」がありますが、こちらも興味本位で覗くと痛い目にあいます…
私はすごく気持ち悪くなりました←
※集合体恐怖症ではない人も不快になる可能性があるので要注意です。

 
個人的には集合体を見ると、爆破か高圧洗浄機かでキレイに抹消したくなります。

スポンサーリンク

集合体恐怖症を和らげる方法は?

一度「気持ち悪い」と思うとなかなか改善しない「集合体恐怖症」ですが、出来るならば症状を和らげたいですよね。
今回は症状を和らげる対処法をご紹介していきます。

危険性が無いものと理解する

特に日常で触れ合う機会が多い食べ物やドット柄など…
どうしても避けられないものに関しては、少しずつ慣れていくことをおすすめします。
「曝露療法」というものです。
 
まずは対象物の「危険」を一切無くした状態で、時間をかけて見れるようにしていきます。 
「これは全く危険性がないものだ」
「自分に悪影響を及ぼすものじゃない」

と少しずつ自分に認識させます。
 
「自分に危険性があるかも」という想像が、集合体に恐怖にを感じるきっかけになります。
まずはその「思い込み」を無くすことから始めましょう!

思い込みを無くしていく

集合体に恐怖を感じる時、無意識に頭の中で何か想像していませんか?
想像力が高いほど「思い込み」も強くなっていきます。
 
その思い込んだ内容を、現実と照らし合わせてみてください。
悪い思い込みと現実への”認識のずれ”を無くしていきます。  
 
「あれ?実際はこうじゃなかったんだ」
と自分に語り掛けることが大事です。
 
単純に言うと「その場にある現実だけを見る」ということです。
あなたに何も影響を及ぼさない物だと理解していけますよ。

原因となるトラウマを見つける

集合体恐怖症になるきっかけとして、「過去にトラウマを負った」パターンがあります。
例えば、幼少期に集合体が原因で体や心に傷を負ったことがある、など。
 
知らず知らずのうちに、集合体とトラウマを紐づけている可能性があります。
まずは「なぜトラウマを負ったのか」という原因を紐解いていきましょう。
 
今もそのトラウマに囚われているのなら、カウンセリングを受けて心身の回復をしていくことをおすすめします。
(トラウマが自分で分からない人も、カウンセリングで原因を究明できるかもしれません)
 
トラウマが解消されて行くと共に、それに関係する恐怖症も次第に治まっていきます。
 
「なぜ自分は集合体が嫌になったんだろう?」と1から考えてみるのもいいですね。

イメージを上書きする

言霊と同様に、自分の頭で「こうだ!」と言い聞かせることで、少しずつ違うイメージを刷り込ませていきます。
ポジティブな思い込みは意外にも効果的なんです。

 
例えば、いくらを見たら「美味しそう!」「お腹すいたな~」「お寿司が食べたい」と思ってみたり。
自分の中で情報を上書きして気をそらしてみましょう。
 
いい思い込みでイメージを上書き出来るようになれば、集合体への恐怖を少しずつ回避することが出来ます。  
 
だからと言ってハードな集合体を見る必要はありません。
まずは身近にある低刺激な物から見ていくようにしましょう。

無理をせず症状を和らげよう

集合体恐怖症だからと言って無理して克服しようとしなくてもいいんです。
まずは日常で目に入ってくるものを受け入れられるレベルを目指しましょう。
 
本当に症状がひどい場合はお医者さんに相談するのもいい判断です。
自分を労わりながら、少しずつ慣れていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事