スポンサーリンク

 
こんにちは!かーりーです。
 
私は仕事上「Photoshop」をよく使うんですが、最近アップデートされて機能の変化がいくつかありました。
 
その中で気になったのが、
テキストを入力した時に出るようになった「Lorem ipsum(ロレム・イプサム)」という文字です。

「Lorem ipsum」という文字が勝手に出る!


今まではテキストを入力しても、何の文字も表示されなかったんですが、アップデートされた後に「Lorem ipsum」という文字が勝手に入るようになりました。 
 
まず「Lorem ipsum」ってなんやねん、という感じですし。
テキストを入力する度に、毎回この「Lorem ipsum」を消してから打つのも面倒でした。
 
今までのように文字を表示させない状態にする方法はあるんでしょうか…

スポンサーリンク

「Lorem ipsum」の消し方!

早速ですが、「Lorem ipsum」の文字を消す方法が判明したので、ご紹介していきます!
 
①画面上のメニュー「編集」の中から「環境設定」を開きます。
 
②環境設定の中の「テキスト」を開きます。
 
③テキストを開くと「新しいテキストレイヤーにプレースホルダーテキストを表示する」というチェックボックスがあるので、そのチェックを外します。
 

 
これでテキストを入力したときに「Lorem ipsum」が表示されなくなりました!

「Lorem ipsum」って何だったんだろう

問題が解決したところで。
「Lorem ipsum」って結局なんなんでしょう??
 

lorem ipsum(ロレム・イプサム、略してリプサム lipsum ともいう)とは、出版、ウェブデザイン、グラフィックデザインなどの諸分野において使用されている典型的なダミーテキスト。書籍やウェブページや広告などのデザインのプロトタイプを制作したり顧客にプレゼンテーションしたりする際に、まだ正式な文章の出来上がっていないテキスト部分の書体(フォント)、タイポグラフィ、レイアウトなどといった視覚的なデザインを調整したりわかりやすく見せるために用いられる。

 
どうやら出版などの分野ではよく使われている、典型的なダミーテキストらしいです。
知らなかった自分がちょっと恥ずかしい…。
 
まだ文章が未確定だけど、文を含めてこんなデザインにしたい!
という時に、仮の文章をパパっと当てはめられるということですね。
 

全体はこんな感じ。
何か意味のある英文なのかな、と思いましたが、意味は全くないそうです。
ラテン語がちょこっと含まれてるそうですよ。

使いたい時だけ「Lorem ipsum」を入力する方法がある!

非表示になる設定をした後に、もしかしたらダミーテキストを使いたい、というシーンがあるかもしれません。 
ですが、その時だけ毎回環境設定を変えるのも面倒ですよね。
 
実は、「Lorem ipsum」を使いたい時だけ入力してくれる方法があります。
 
①画面上のメニュー「書式」をクリックします。
 
②サンプルテキストの割付をクリックします。
(以前のバージョンを使っている方は、「Lorem ipsumをペースト」の文字が表示されます)

 
これで「Lorem ipsum」が入力されました!
テキストを快適に扱えますね。

自分のスタイルに合わせて設定を変えよう!

今回はダミーテキストについてご紹介しましたが、他にも様々な機能が追加されていっています。
自分のスタイルに合わせて設定を変えていくと快適に作業ができるようになりますよ!
 
「あれ?機能が変わったな…」と思ったら、Adobeの公式サイトを覗いてみてもいいかもしれませんね(*'ω'*)

スポンサーリンク
おすすめの記事